男性の美意識へのターニングポイント

男性の美意識へのターニングポイント

男が美に興味をもち出したのは・・・と
私なりに振り返ると思い浮かぶのは、「藤井フミヤ」「近藤真彦」の登場からでは無いでしょうか?
二人とも髪型が先ず特長でした。

 

新曲の度に髪型をがらっと変えて、今流行っている男性のツーブロックは、この二人も私が高校時代に大流行させました。前髪を口に入るくらいまで伸ばしたり、簾の様な前髪の男が多かったのも覚えています。

 

私もその流れに乗っていたと思います。男性が男性のファッションや髪型を真似すると言うムーブメントを確立化したのはこの時期で、理容店にもアイドル達のヘアカタログを見て「こんな感じに!」と注文していたのもこの頃だと思います。

 

この頃を境に髪型やタレントの服装を自分に取り入れていく流れがついて行ったように感じています。でもあくまでそれは、髪型と服であり、スキンケア等にまで及んで行ったのはかなりの時間を要しています。

 

前述の二人にしても当時はどこか「ヤンチャ」な感じのアイドルが人気でしたし、「ヤンキー」もまだまだ多く、まだまだ男は「硬派」な部分が女性からも指示されていました。

 

男性の美意識へのターニングポイント

 

いつの頃からか、アイドルの代表のジャニーズも女の子のような顔立ちの中性的なことを魅力にした様なグループも増えて来ました。白い肌、ニキビが無い肌、アニメの世界の様なデザインされた髪型、狭い肩幅で女性ものの服を着たり・・・。





女性がそのようなアイドルに夢中になるので、男性はそのようになりたいと思って真似するのでしょうか?
それとも無意識にそのようなものに憧れを抱き真似をするのでしょうか?

 

今、「おねぇ系」というのが一種のブームですが、「男性コスメ」の延長上にあるのでしょうか?
比例して増えている気はするのですが・・・。
(男性でも敏感肌さんがいたら、ラロッシュpぜがいいらしいよ。)
http://ラロッシュポゼ.jp

 

 

我々世代の男性からすると、今の男の子達は小学生時代から既にお洒落だし、優しいし中性的な子も多いですね。少子化でバブル世代の子供なので子供に対する子育て等の感覚が昭和世代とは確実に違う事も影響しているのかもしれませんね。

 

いずれにしても、「男性コスメ」は今後益々日本では注目され大きなマーケットになる事が予測されますね。個人的には、身だしなみを大きく逸脱した男性の美に対するケアはあまり歓迎できないので、清潔感やヘルスケア面からの適度なアプローチを期待したいものです。

 

また、古いかもしれませんが学校生活や社会生活の中で大切なものがありそれを優先した上で、「男性コスメ」への関心と適応をして行って欲しいと思います。


このページの先頭へ戻る