「発酵食品」のメリット!

「発酵食品」のメリット!

ここで、数ある「発酵食品」の中から「大豆」のお話をします。
大豆は生のままでは、消化しきれずにお腹をこわすほどのタンパク質が含まれていますが、蒸したりゆでたりした大豆に発酵菌を加えて発酵させると、発酵菌がつくる「酵素」のちからでタンパク質がアミノ酸やペプチドに分解されて消化・吸収されやすくなります。
ここでも「酵素」が活躍していますね。

 

納豆の大豆もタンパク質が納豆菌によって分解されて、吸収しやすいアミノ酸に変わり、しかも納豆には体の中ではつくれない必須アミノ酸が多く含まれるとのことです。

 

おや?なにか気づきませんか?
発酵の過程で、「酵素」がしていること。
食物に含まれるデンプンは糖に、タンパク質はアミノ酸に分解しています。

 

アミノ酸と言えば?うま味成分ですよね?
発酵菌が「酵素」を生みながら発酵し、消化・吸収をよくするだけでなく、エネルーギー、そしてうま味さえも作り出すなんて、最高ですね。

 

「発酵食品」の魅力のほんの一部を紹介しましたが、これらの食品は発酵菌をもとにたくさんの「酵素」が含まれているということで、日本の食文化に深く根付いたものが多くあることを改めて知ってほしいのです。

 

「酵素」のことを何も知らなかった私が、いつのまにかみなさんにお願いする立場になってしまいましたね。(笑)





このような「発酵食品」を毎日の食事にまんべんなく取り入れることで、効率よく「酵素」を補えるのですから、どうぞお試しください。
発酵食品に含まれる酵素は、食物酵素なので体の中で消化酵素と同じ働きをしますから、体内の消化酵素を補います。

 

体内の消化酵素が多く失われると、腸でつくられる酵素の割合が消化酵素に偏り、もう一つの体内酵素である「代謝酵素」をつくる割合が減ってしまうのです。

 

例えるなら、肉を食べると一時的に元気になったような気がしますが、実はそれを消化するために多くの消化酵素が使われるため、肉ばかり食べていると結果的に代謝酵素の不足につながるということ。

 

もちろんすぐにそうなる訳ではありませんが、長い目で見ての話です。
どちらにしても、年齢とともにあらゆるものが減少していき、老化が進みます。
でもそのスピードを遅くすることは可能です。

 

生活習慣を見直すことももちろん大事ですが、「酵素」の存在を知ったうえで「酵素」無駄遣いを減らす努力と補うことを実践すれば、必ずなにかしらの結果が出ます。

 

やみくもに「美容にいいから」「ダイエットできるから」といろいろ挑戦する前に、自分の食生活や生活習慣を改めて見なおしてみてください。
まずは、「酵素」浪費を防ぎましょう!


このページの先頭へ戻る