体の中で働く「酵素」を知る

体の中で働く「酵素」を知る。

体の中に存在する酵素は「体内酵素」と呼ばれているようです。

 

そしてその体内酵素は、消化によって食物を分解する「消化酵素」と全身の機能を円滑に行うために働く「代謝酵素」の2つに分けることが出来、その両者とも体の中で合成され、あらゆる種類の「酵素」となって体に働きかけています。

 

「消化酵素」は、口から食べたものを胃で消化し腸で吸収する工程で、例えば炭水化物がデンプンからブドウ糖へと分解されるように、食べ物を細かく溶かして吸収しやすいものにまで分解するのが主な働きです。

 

代表的なものを挙げると、先にも出ましたがデンプンをブドウ糖に分解するアミラーゼ(唾液に含まれる)、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ(胃液に含まれる)、脂肪を脂肪酸に分解するリパーゼ(すい臓で分泌されるすい液に含まれる)などがあります。この「消化酵素」がなければ、いくら栄養価の高い食物を摂っても体の中を通過するだけなのです。





お待たせしました。そこで「代謝酵素」の登場です。

 

消化酵素によって分解され吸収された栄養を、今度は「代謝酵素」が細胞レベルで働きかけ、生きるために必要なさまざまなエネルギーに変換する機能を持った酵素です。
その働きとは、以下のようなものです。

 

・血液を作り、浄化する。
・有害物質の毒素を無毒化して、汗や尿で排せつする。
・吸収された栄養を細胞に届けて、骨や筋肉、皮膚などを作る、新陳代謝の手助けをする。
・病気や感染症、ウイルスやガン細胞のような異物に抵抗するちから(免疫力)を高める。
・ホルモンや神経伝達物質が働く仕組みに間接的に働きかける。

 

その他、体内の余分な脂肪を分解して排出したり、体の損傷部の修復、解毒、排泄などを円滑におこなうなどなど。とにかく生きていくうえで必要なこと、モノすべてに「代謝酵素」が関わっています。

 

そしてその必要な酵素の種類が最低でも1000種類が備わっていないと、体が正常に、健康に機能しないということがおわかり頂けると思います。

 

せっかく摂った栄養を効率よく、適材適所で生かすために必要な「酵素」の働きがとても大事であることはよく解りました。

 

健康に気をつかった生活を送っているつもりなのに、体調が優れなかったり、病気になったり、単純にやる気が出ないなどの不調を訴えてしまうのは、「酵素」が不足しているからではないでしょうか?

 

そう考えると、妙に納得できてしまうのは私だけでしょうか?


このページの先頭へ戻る