酵素を知ることから始めましょう

「酵素」を知ることから始めましょう

早速ですが、「酵素」の働きについてお話します。

 

まずは「酵素」の一般的な定義として、「タンパク質を主成分とする生体触媒」と記されていたり、「食物の栄養素を消化し吸収されやすく分解してくれる物質」などほかにもいろいろな記述がありましたが、「酵素」そのものには3000…いや5000種類以上もあって、そのほとんどがたった一つの仕事をするために存在し、それぞれの場所で活躍しているそうです。

酵素を知ることから始めましょう

ひとつ例を挙げましょう。多分どなたも聞いたことがあるかと思います。

 

唾液の中に含まれるアミラーゼ(別名ジアスターゼ)と言われる消化酵素です。

 

その働きは、食物に含まれるデンプンを腸で吸収されるレベルにまで分解すること

 

このアミラーゼは唾液の他に、すい臓から分泌されるすい液にも存在しています。
分解

 

ご飯やパンを口の中で長い間噛んでいると、しだいに甘くなっていくという経験はありませんか?

 

 

それが唾液に含まれるアミラーゼの作用なのです。アミラーゼは炭水化物をデンプンや糖に分解するので、お口の中ででも作用し、よく噛んで食べるとそういった現象が起きるのです。

 

 

糖に分解されることを糖化と言いますが、お口の中で糖化されなくても飲み込んだ後に胃や腸で消化される時に、腸内ですい臓から分泌されるアミラーゼによって分解され、栄養素として吸収されます。





特にエネルギー源として必要不可欠な糖類は常に必要であり、それを作る作用を持つ「酵素」のお仕事は、たいへん忙しく欠かせないものなのです。

 

今、私は何千種類もの「酵素」の中から、アミラーゼという消化酵素の話をしましたが、これ一つでも奥が深く、科学的に語られた文献はたくさんあります。

 

 

人間の身体に必要な栄養素はみなさんよくご存知だと思いますが、その栄養素をより効果的により適切な働きをさせるために作用してくれるのが、「酵素」なのではないかと思いました。

 

身体を外敵(例えば細菌やウイルスなど)から守るために必要な免疫力なども、「酵素」のちからで発揮されているのも事実のようです。

 

せっかく摂った栄養も体内の環境が悪いせいで、吸収されずに排出されているとしたらどうでしょう?
酵素を知ることから始めましょう

 

果たして自分の摂った食事から栄養がもれなく吸収されているのか心配になってきました。

 

 

栄養も睡眠も十分にとり、生活の中に適度な運動も取り入れて快適な生活を送っているはずなのに、どうも調子が出ない…。

 

よくそんな言葉を口にしたり目にしたりします。

 

もしかして「酵素」の働きが弱っている、若しくは「酵素」が足りてないことで起きているのではないでしょうか?

 

 


このページの先頭へ戻る