「男性コスメ」の男性って?

男性コスメの男性って?

そもそも男性用っていうとどういうイメージですか?

 

脂っぽい顔や頭皮をきれいにするとか、汗臭い匂いをデオドラントするとか女性用とは違い強力なパワーがある様なものを想像し、女性にはきつい成分が入っているのではないか?と考えますよね。

 

でも、そもそも男性も女性も基本的には同じです。

 

女性だって脂っぽいオイリー肌の人はいますし、そんなに違うものではありません。これまでは、そんなイメージを逆手に取った「スクラブ洗顔」とか「トニックシャンプー」のような、ガシガシ洗ってその時だけのさっぱり感や匂いをつけるようなものがCMで目立って買われていました。

 

 

実際の効果はというと、脂をとり過ぎて乾燥し余計にオイリーな肌になったり、石油系シャンプーや香料で頭皮が荒れたりと散々に感じた人も多いと思います。
男性の多くは何にもケアしなくても生涯おおきな肌のトラブルは無く過ごせます。

 

それは女性よりも若干角質が厚いとかもあるかもしれませんが、大きな理由はお化粧やクレンジング、美白等というように、毎日肌に対して何もつけないからです。基本的に何もつけない事が一番肌には易しい場合もあります。

 

男性用、女性用というのは販売側のエゴでもあり、問題はその成分であり自分に合ったものかということです。

 

女性の多くはお化粧をし出すと同時に肌に刺激が強い成分が入っているとも知らずにブランド重視やコスト重視でお化粧品を選んでしまいます。そしてそれらの非天然成分を落とす為に洗浄力の強いクレンジングで肌を痛めるのです。

 

「男性コスメ」の男性って?

 

その上、美白と言う名の合成界面活性剤で肌に小さい穴をあけそこから漂白剤を注入している様なもので、穴があけば乾燥が進み肌自体が荒れてしまいます。そして、また肌をケアする何かを買い求めお化粧の負のスパイラルに陥って行くのです。





 

男性用の乳液や化粧水、ファンデーションまである様ですし、美白クリームも売れている様ですが、ブームに踊らされてただ買うのではなく、そもそも何の為にそのようなケアをするのかを考えて、肌に優しい成分のものを探して頂きたいものです。

 

男性用の多くは男性は肌が強い前提で、合成界面活性剤や合成ポリマー、タール色素、香料を使った海外のコスメのような肌には到底優しくないものが多いはずです。男性でも肌の弱い人やアレルギーの出る人もいます。

 

「男性コスメ」の男性って?

 

女性の上級者は天然ミネラルや無添加、低刺激のものを使うようになって来ています。
家族の女性の使っているもので試したり、成分を見て変なものが入っていないものを探す事が理想のコスメになると思います。

 

きれいにケアするはずが、肌荒れになっては本末転倒ですから。


このページの先頭へ戻る